曙綜合法律事務所 AKEBONO LAW OFFICE

弁護士紹介
ATTORNEY

千葉 昭雄

AKIO CHIBA

第二東京弁護士会所属
商事法務を中心として、一般民事・商事事件、特に不動産関連事件と企業再生事件を多数手掛けている。

経歴

昭和35年
中央大学法学部卒業
平成3年
第二東京弁護士会副会長
平成4年
日本弁護士連合会常務理事
平成23年
中央大学理事

その他

第二東京弁護士会研修委員会委員長、同紛議調停委員会委員長、同財務委員会委員長を歴任

大森 勇一

YUICHI OMORI

第二東京弁護士会所属
検事の経験を生かし、著名な刑事事件(武富士盗聴事件、西武鉄道有価証券虚偽記載事件)や大型脱税事件を数多く手掛けるとともに、一般商事・民事事件においても活躍し、特に(独)国立病院機構の顧問弁護士として数多くの医療過誤訴訟事件を手掛けている。また、公務員労働関係をはじめ、労働事件にも通暁している。

経歴

昭和48年
早稲田大学法学部卒業
昭和52〜年59年
検察官(東京地方検察庁検事、訟務検事を歴任)
現在
内閣府公務員関係判例研究会委員
国立がん研究センター受託研究審査委員
日本刑法学会会員
(社)日本保釈支援協会代表理事

その他

元桐蔭横浜大学法科大学院講師(刑法担当)、第二東京弁護士会法律相談センター運営委員会委員長、同会館管理委員会委員長、同懲戒委員会委員等を歴任

著書

  • 「【官公庁】労務管理要覧」(共著、新日本法規出版)

田中 宏

HIROSHI TANAKA

第二東京弁護士会所属
一般民事事件のほか、建築紛争、労災補償(行政庁側)、家事事件(離婚・親子関係等)に関する紛争事件を手掛ける。平成16年度から約10年、法科大学院の専任教員を兼務し、教室では「実務の道具としての法理論」、実務では「理論の裏付けのある実務」をモットーとして業務を行っている。
現在教員業務を中心とした、相談・研究・執筆・鑑定業務等を行っている。

経歴

昭和57年
中央大学法学部卒業
平成16年〜平成27年
大宮法科大学院大学教授
平成22年〜
中央大学法科大学院客員講師
平成24年〜平成26年
桐蔭横浜大学法科大学院客員教授
平成28年~
中央大学法職講座(民法)講師
平成29年~
中央大学法学部兼任講師
現在
日本私法学会会員

その他

第二東京弁護士会広報委員会副委員長、法科大学院支援委員会副委員長等を歴任

著書

  • 「新民事訴訟法実務マニュアル(改訂版)」(共著、判例タイムズ社)平成12年刊

著作

  • 「民法と要件事実の同時並行教育について」(大宮ローレビュー第2号)平成18年刊
  • 「判例研究『目的不動産の占有移転を伴わない買戻特約付売買契約の法的性質』」(大宮ローレビュー第3号)平成19年刊
  • 「判例評論『インターネット接続サービス加入者の個人情報の外部流出とサービス業 者の責任』(私法判例リマークス36号)」平成20年刊
  • 「判例研究『土地汚染と売主の担保責任』」(大宮ローレビュー第7号)平成23年刊
  • 「判例研究『面接交渉を認めた審判等が履行されない場合の間接強制の可否』」(大宮ローレビュー第10号)平成26年刊
  • 「判例研究『DNA鑑定による血縁関係否定と親子関係不存在確認』」(大宮ローレビュー第11号)平成27年刊
  • 「判例解説『吹きつけアスベスト露出建物と工作物責任』(日本評論社・新判例解説Watch【2015年10月】」平成27年刊
  • 「判例解説『土地売買後に発見された土壌汚染と瑕疵担保責任』(日本評論社・新・判例解説Watch【2017年4月】)」平成29年刊

千葉 理

OSAMU CHIBA

第二東京弁護士会所属
総合商社での国内・国際商取引業務及び事業投資先経営の経験を活かし、現在複数の東京証券取引所の上場会社の社外役員や幅広い業種の企業の社外役員・法律顧問を務めるなど、企業法務全般(関係法令、契約、コーポレートガバナンス、コンプライアンス体制、株主総会指導等)に関する法的助言・契約書作成及び訴訟代理人、M&A法務、不動産取引・管理に関する法的助言・契約書作成、企業再生、及び中小企業の事業承継等を中心として、その他一般民事及び家事事件を主な取り扱い分野としている。

経歴

昭和57年
私立麻布高校卒業
昭和62年
東京大学法学部卒業
昭和62年〜平成12年
三菱商事株式会社勤務
平成16年
司法修習終了(57期)、弁護士登録(第二東京弁護士会)
現在
株式会社イマジカグループ 社外取締役
ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人 監督役員
丸善食品工業株式会社 社外取締役
株式会社ウェブインパクト 社外監査役
桐蔭法科大学院(桐蔭横浜大学大学院法務研究科)准教授(商法、会社法及び企業法務担当)
(財)日本法律家協会会員等

その他

日本弁護士連合会代議委員、第二東京弁護士会常議委員会委員、同民事介入暴力被害者救済センター運営委員会委員、同紛議調停委員会委員(副委員長)、同網紀委員会委員、同倫理委員会委員を歴任

著書

  • 「新会社法 あなたの会社はこう変わる」(共著、文芸社)平成18年刊
  • 「企業活動と民暴対策の法律相談」(共著、青林書院)平成19年刊
  • 「内部統制による企業防衛指針の実践」(共著、青林書院)平成20年刊

玉 伊吹

IBUKI TAMA

第二東京弁護士会所属
一般医療機関、日本臨床肛門病学会、歯科医療安全共済会等の顧問弁護士として、医療全般に関連する紛争を数多く手掛けるとともに、一般企業の法律顧問や東京証券取引所一部上場企業の社外役員を務めるなど、企業法務も手掛けている。
その他、一般民事事件(不動産関連事件、損害賠償請求事件、債務整理事件、事業再生・倒産事件、労働事件、離婚事件、相続事件等)及び刑事事件も積極的に行っている。

経歴

平成9年
慶應義塾大学法学部卒業
平成14年〜16年
人材派遣事業経営

その他

経営革新等支援機関、日本プロ野球選手会公認選手代理人、日本弁護士連合会代議員、第二東京弁護士会法律相談センター運営委員会委員、同研修センター委員、同綱紀委員会委員、同仲裁センター運営委員会仲裁人補助者等を歴任

著書

  • 「困ったときのくらしの法律知識Q&A」(共著、清文社)平成23年刊

植木 琢

TAKU UEKI

第二東京弁護士会所属
専門分野は、不動産関連事件、医療事件、事業承継など。そのほか、企業の法律顧問業務を中心に、損害賠償請求事件、債権回収、労働事件、行政事件、相続・離婚等の家事事件、墓地・霊園の管理・運営に関する業務などを多く手掛ける。
また、通常の弁護士業務に加え、第二東京弁護士会の会務、特に、若手弁護士の育成、業務拡大に注力している。
座右の銘  漁夫生涯竹一竿 法曹生涯誠一貫、我れ以外全て我が師
趣味 ゴルフ 温泉巡り

経歴

平成4年 
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成20年10月 
鈴木富七郎法律事務所入所
平成29年7月 
当事務所入所

その他

第二東京弁護士会常議員、同若手フォーラム委員長(現職)、同弁護士業務センター委員(現職)、同消費者問題対策委員会委員(現職)、同互助会運営委員会員(現職)、同民事介入暴力被害者救済センター運営委員会、同高齢者・障がい者総合支援センター運営委員会、文部科学省再就職等問題調査班有識者、宅地建物取引主任者

著書

  • 改訂増補「困ったときのくらしの法律知識Q&A」(共著、清文社)平成27年刊

田中 智隆

TOMOTAKA TANAKA

第二東京弁護士会所属
一般民事事件(不動産関連事件、損害賠償請求事件等)、医療過誤事件と共に、一般企業法務、刑事事件等を手掛けている。

経歴

平成24年
早稲田大学商学部卒業
平成27年
早稲田大学法務研究科修了

大森 公貴

KOKI OMORI

第二東京弁護士会所属
一般民事事件(損害賠償請求事件、労働事件、交通事故等)及び家事事件と共に、医療過誤事件、刑事事件等を手掛けている。

経歴

平成29年
中央大学法科大学院修了