曙綜合法律事務所 AKEBONO LAW OFFICE

事務所通信
INFORMATION

初めまして。大森公貴です。(大森公貴弁護士)

初めまして、こんにちは!
本年1月に曙綜合法律事務所に入所致しました、弁護士の大森公貴と申します。

 

今月から、この事務所通信では、当事務所の弁護士や事務局の方々が、日々感じたこと、思ったこと、身の回りに起こった小さな出来事から、政治、経済、法律、文化、などの社会問題まで、とにかく幅広く、自由気ままに書き綴ってみることになりました。
そんなわけで、皆さんも、気楽に読んでくださればと思います。

 

さて、さっそく、初回から、私事の記事になります。
今回は、「私が最近買ってはまったもの」。
それは、Amazonのkindle(電子書籍リーダー)!

事務所通信2月(公貴先生)
これ、購入を決意するまでには、ちょっと時間がかかりました。
電子書籍って、アナログ人間の私にとっては、少し抵抗があります。
紙の本で慣れてきた自分にとっては、画面が大きい小さいとかそういう問題ではなくて、なんというかリラックスして読書ができないような気がして、購入をためらっていました。

 

さて、いざ使ってみた感想ですが…うん、なかなか良いですね。
というか、今回のテーマが、私のハマったもの、というくらいですから、最近はかなり気に入っています!
最初はやはり少し操作に慣れなくて、違和感がありましたが、1ヶ月も経つ頃には、大分慣れてきました。

そして、なにより、このKindleを買って、最も良かったと思うのは、本を買う時のストレスが減ったこと、です。

今まで、本屋に寄ったとき、「ちょっと買って読んでみたいな」と思った本があっても、「でも、もう家の本棚いっぱいだからなあ…今回はやめとこう」なんてことが多々あり、結構ストレスでした(笑)

Kindle買ってからは、そういうことがなくなりましたね!
同じようなストレスを感じている方がいらしたら、是非、電子書籍の購入を検討してみてはどうでしょう?

 

政府は、2026年を目処に、公文書の完全電子化を目指すそうですね。
そのうち、日本も、裁判所に提出する訴状や準備書面なども電子化されるのでしょうかね(今は、全て紙で提出しています)。

私も少しずつ、世の中の電子化の流れに慣れていかなければ、と思う今日この頃です。